…ずっと…

7月6日 無事TNR終わりました。

 

800A3E4A-7B24-45F8-9FB3-BC4BBA8F949C

 

小さな命を奪ってしまったこと。

ママにゃんこのお腹の中で生きてたのに。

 

たとえ

ご依頼主のおばちゃんの意向だとしても苦しい。

ずっとずっと背負っていかなければいけない思い。

 

ごめんね。

 

もう2度と同じことを繰り返したくない。

だれもこんなことしたくない。

 

わたしたちよりずっとずっと

命を救うために懸命に向き合っておられる

先生にとって、どんなに辛いことだろう。

 

ご依頼主のおばちゃんも

簡単に決断したわけではないかもしれない。

 

でも…

忘れないでほしい。

 

10センチにも満たない

小さな小さな2匹の子猫。

 

わたしたちが助けたかった

4匹の小さな子たちとだぶって…

生きて!と何度も呼びかけたあの子たちと。

 

悲しくて、苦しくなりました。

 

だからせめて

この子たちが

元気に跳ね回るはずだった場所に

慣れ親しんだ音、匂いがする場所に

埋葬してあげてほしい。

 

酷かもしれませんが、

静かに眠る2匹を連れて帰り、

ご依頼主のおばちゃんに託しました。

 

F105F725-2CB8-4522-B91D-1EF10BBB09F4

 

あと5頭!

あきらめないでがんばろうね!

 

ご依頼主のおばちゃんと約束しました。

 

…TNR…

6月25日

 

1匹だから

3匹だから

このくらいなら大丈夫。

 

気がついたら…

いつの間にかこんなにたくさん!

 

あっ!という間にこんなにたくさん!に。

 

TNRのご相談をたくさんいただきます。

 

ごはんをあげている方も必死でこの子たちを

守っています。

 

だからこそ

手術をする際に、

たくさんの不安があると思います。

 

・なぜわざわざTNRしないといけないのか

・男の子も全頭手術をしないといけないのか

・どうやって捕まえたらいいのか

・捕獲機は安全なのか

・耳カットは必ずしないといけないのか

痛くないのか

・小さい子猫も手術して大丈夫なのか

・慣れない狭いキャリーの中でかわいそう

・授乳中に手術をしてしまうと、 おっぱいが出なくなるのではないか?

・手術後、いつ放していいのか

 

不安を1つ1つ〝大丈夫〟に変えられるように。

出来る限り納得いくまで説明したい!

と思っています。

 

先日も、11頭の子がさくら耳になりました。

あと、3頭。

 

 

・どうしても捕まらない頭がいいキジの男の子

(引き続き、ごはんをあげてもらって

タイミングをはかります)

・けがをしてる子(回復次第)

・妊婦の子(産後1ヶ月くらいを目標に手術予定)

 

 

さくら耳は守られてるしるし!

 

TNRの輪が広がっていったらいいな。

さくら耳の子たちがのんびり日向ぼっこするのが、

当たり前の風景になる日が早く来ますように。

…チビミケちゃん…

子猫が元気に遊ぶ姿を目にすることが

多くなりました。

 

それと同時に、

交通事故で命を落とす子も…

 

おそらく、この子も。

 

まだ、500グラムくらい。

右前脚は、肩から脱臼。

神経はすでに通っていませんでした。

顎にも大きな傷。

皮膚が落ちてしまっています。

 

 

ケガの状態から、ここ数日のものではなさそう。

 

一人で、

がんばって必死に生きていたんだね。

まだ、ママや兄弟とくっついていたいはずなのに。

どんなに寂しかっただろう。

痛かっただろう。

怖かっただろう。

 

見つけてくれたのは、保護っこの里親様。

 

病院代はもちろん出すから!

かわいそうで…ほっとけなくて。

 

この子が元気になれるように(^^)って、

お部屋の中に

ケージも準備してくださっていました。

 

来週火曜日に手術。

悲しいけど、断脚することになりました。

がんばれ!

 

4本あったら!

そんなにステキなことはないけど、

でも3本でも、きっとステキな毎日に違いない!

 

生きてる!

歩ける!

 

だから、大丈夫!

 

この子をまるごとやさしく包んでくださる

ご家族を探しています。

〝この子!〟と思われましたら、

メッセージください。

 

どうかこの子が、

毎日ぴょんぴょん飛び跳ねて

スキップできますように♪

 

…守りたい…

のらねこたち。

わたしたちが思うより

ずっとずっと過酷な環境で生きています!

 

 

その子たちを見守る人たち。

必死に守る人たち。

 

ちょっと譲りあったり、

ちょっと理解しようと歩み寄ったり、

ちょっと気配りしたり、

ちょっと勇気を出したり、

ちょっとがんばったり。

 

できることはみんな同じではないけど、

みんな何か!できる。

 

1人ではできそうにない。

どうしていいかわからない。

 

みんなができることをがんばる!

わたしたちもがんばる!

 

みんなが笑顔で暮らせるように(^^)

 

………

 

ちびっ子たち

家族が見つかりますようにー!

 

 

約2-2.5ヶ月の子たちです。

この子!と思われましたら、

メッセージください!

 

…譲れない思い…

TNR

いろんな思いがあります。

みんな。

 

気持ちもすごくわかります。

わかるから苦しいんです。

でも…

わたしには、譲れない思いがあるんです。

 

どうしても、譲れない…

 

わたしには、

このこたちの命を絶つことは

できませんでした。

 

わたしは、できない…

 

それはきっとわたし自身、

会いたくて会いたくて会えなかった、

小さな大事な子がいるからかもしれません。

 

だから、どうしてもできません。

どんな小さな命も守りたいんです。

 

 

昨日、動物病院の先生から、

ままニャンコのお腹にいる

小さな赤ちゃんの写った

超音波写真をいただきました。

 

 

やっぱり間違ってなかった!

 

この写真を見たときに思いました。

小さいけど、確かに一生懸命生きてる!

 

 

ごめんね。

わたしの判断ミスでした。

 

今回、避妊手術をしようとして保護した子。

産後なはずなのに、お腹が丸かったんです。

パンパン。

何かおかしい…

 

もしかして…

まさか…

 

妊娠していました。

 

赤ちゃんを育てながらの妊娠。

立て続けの妊娠。

どんなに大変だろう…しんどいだろう。

 

ママにゃんこは、

ゆっくり子育てをしてからTNRでは

遅い…んです。

勉強不足でした。

 

猫は子育て中の子も、

産後間もない子も妊娠してしまいます。

 

赤ちゃんがいて避妊手術をすると

おっぱいが出なくなっちゃうのでは?

と心配になります。

 

でも、猫は赤ちゃんにおっぱいあげなきゃ!

というホルモンの分泌で、

おっぱいを作ることができるそうです。

だから、大丈夫!

 

どんな小さな命もかけがえのない大事な命。

 

だから守りたい!

だからTNRがんばろう!

 

黒ミーちゃん 元気な赤ちゃんを産んでね!

 

…気持ちが1つになるとき…

みんなでがんばる!

みんながいるからがんばれる!

 

TNRのお手伝いしたら

おばちゃんとおじちゃんが帰りに

『ありがとう!本当にありがとう!』

って、持たせてくださいました。

 

 

見えなくなるまで、

ずーっと手を振って。

 

すごくすごくうれしくなりました。

 

力をもらいました(^^)

 

 

風邪ひきちゃんたち4匹

早く元気になりますようにー。

 

…風邪ひきさん…

この時期の子猫は、

ほとんどの子が風邪をひいてしまっています。

 

 

変化にいち早く気付いて、

献身的にケアしてくださる預かりさん。

 

本当に本当に

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

昨日も、遺棄の子たちが保護されました。

シャムミックスは、男の子

キジは、女の子

 

 

この子たちも風邪をひいてます。

 

みんな

早く元気になってね!

 

…しあわせだよ クッキー…

ほんの180グラムだった子が

愛情いっぱいもらって、

こんなに大きくなりました!

 

 

そして

クッキーだけの家族ができました!

 

すごくすごくステキなあったかいご家族。

クッキーを選んでくださった

クッキーが選んだ家族。

 

わんちゃんを家族に迎えるのは初めて。

でも、お母さんのこの言葉で

〝大丈夫〟と確信しました。

 

『4人目の子供を育てるつもりで!』

 

すごく似ているんです。

子育てと

わんちゃんや猫ちゃんたちと暮らすこと。

 

試行錯誤しながら、

あたたかく見守りながら、

ちょっとずつちょっとずつ。

 

Mちゃんたちの愛情をたっぷりもらって

すくすく育ったクッキー。

 

記念にアルバムを作ってくれました!

休校中ということもあって、家族みんなで。

 

 

写真1枚1枚に思い出がいっぱい。

ちょっとさみしくて、

すごくうれしくて涙がこぼれます。

 

本当にありがとう!

 

クッキー

本当によかったね!

クッキーを家族に迎えてくださったM様ご家族。

ありがとうございます。

これからずっとずっとずっと…

クッキーをよろしくお願いいたします。

 

たくさんの感謝をいっぱいこめて。

 

F73BCA13-22DB-4BE5-B7A5-86CBB823053A

 

 

鹿児島で動物愛護を目的として活動しているボランティアグループです。