現実。

以前ブログ内で管理所へ行った事を後日するとお話ししました。
今日はその話をしたいと思っています。

私たちはwacoを立ち上げにあたり、コンセプトやイメージを話し合ってきました。
殺処分という悲しい現実があるのは確かなのですがそれよりも動物を家族に迎え日々の生活が明るく楽しく嬉しいものになる…そんなプジティブなイメージを持ってもらいたくブログやチラシのデザイン、内容もなるべくそうした物をと考えてきました。

もちろんその思いはいまでも変わりませんし、そのままでいきたと思っていますが私たちが活動を始め一年経った今も変わらず殺処分は行われ、捨て犬や迷子犬の頭数も特に減少したわけでもありません…

たかだか一年でそんなに簡単に変わるはずもないですし、私たちが力不足なのは重々承知の上で今回はあえて厳しい話をしようと思います。

みなさまにもっと現状を知って頂ければ…知っている人は知らない人にもっともっと伝えて頂ければ…と考えています。

 

それぞれいろんな社会活動があります。
それぞれいろんな社会活動があります。

処分が決定していたわんちゃんをレスキューしに私達はとある金曜日大急ぎで管理所に向かいました。
消えかけていた希望の光だけをしんじて…

しかし管理所についてすぐにそれが切望的だとわかりました。
行政の方も協力的に動いて下さっていたのですが、結局それも報われる事はありませんでした。

どうにか出来ないかと数時間ずっと私たちは犬舎の前にぺたんと座っていました。

おやつをあげたり、カービングシグナルをおくったり、時には唄をうたったり…

賢そうな子だったので不安な気持ちや涙は見せない様に努力しながら。どうしても辛い時は犬舎から離れて泣きました。

もしかしたら数日後人間の手で殺されてしまうかもしれない動物達が入った犬舎の前で数時間座った事がありますか?
気付きも、学びも、矛盾も、悔しさも、愚かさも、寂しさも、悲しさも、恐怖も、不安も、静けさも…本当にいろんな事が見えてきます。

肩を落とす私たちに帰り際に職員さんが「誰のせいでもないんだからね…」と慰めてくれましたが、私はその言葉がひっかかってしょうがありませんでした。

本当に「誰のせい」でもなかったのでしょうか?

わんちゃんが処分されたのは現場に行きながら何もできなかった自分たちのせいでもあり、
お迎えにきてくれなかった里親さんのせいでもあり、
責任という言葉に縛られた職員さんのせいでもあり、
現場で動く人の気持ちと苦労もわからず騒ぎ立てる人のせいでもあり、
出来ない事を自分にいいわけする人のせいでもあり、
怖いから、可哀想だからといって処分の現状を知らない振りをし現実に目を向けない人のせいでもあり、
犬を捨てるひとのせいでもあり、
人間の事だけを考えた法律をつくった人間のせいでもあります。

結局、私たちすべての人間のせいではないのでしょうか?
弱者である動物達はいつも私たちのしわ寄せになっています。
一番の弱者は直視もしない私たち人間なのに。

現場でレスキューするという事は本当に大変で行政の方、里親さん、ボラさんなど関わる全ての人との調和が必要でどれがかけても安全にレスキュする事はできません。

しかしそこまで出来なくてもレスキューは一人一人が出来る事をすればいいと思っています。

「自分だけでは何も出来ない、変わらない…」
「何をしていいのかわからない…」

そう思っては何も変わりませんし、変える事はできないでしょう。

ペットショップやブリーダーから仔犬を購入しない、管理所へ行っていみる、選挙に行く、友達と話し情報を共有する…など小さな事でも愛を選択した日々のライフスタイルとお金の使い方を変えるだけで将来は変わります。
日々の選択を少しだけ変えてみるだけでもやがては大きな流れになるのです。

そうした行動は動物愛護に関わる事だけでなく結果全ての社会問題にいきつくと思います。

それぞれに明るい未来へ導きたい事柄に関心をもっていればいずれは全てに好転するかもしれません。
そうしたみなさんで明るい未来をつくっていかないといけないと思っています。

ぜひともみなさんも一度自分と向き合い話し合ってみて下さい。
出来る事があれば一緒にがんばりしょう。

私はあの不安で、恐怖いっぱいの寂しそうな目を一生忘れる事ができないでしょう…

広告

かわいいご支援♡

久しぶりのワンコ頭数9頭!

仔犬達の後追いで洗濯物も干しに行くのも難しく、本来一番にお伝えしなくてはいけないご支援のご連絡がなかなか出来ず申し訳ありませんでした。
しかしその間沢山のご支援を頂きました。

おしっこし放題!
おしっこし放題!

 

保護犬を連れて実家に帰った時には飯やおやつ、トイレなどの消耗品からおもちゃやお世話グッツなどそれはもう親に甘えっぱなしでしたし、久しぶりにあった友人からは毎月支援金を送金したいとありがたいお話もありました。

それ以外にも卒業犬をつれ遊びにきて頂いた里親様や新しく里親になってくださった方、私たちの活動をいつも応援してくださる方々から支援金やフード、トイレシーツ、トイレトレー、キャリー、ケージ、首輪、ハーネス、リード、ベット、水飲み、おむつ、タオル、蚊取り線香などワンちゃんの物からハーブティーやお茶、おやつやケーキ、さらに夕飯のおかずの差し入れまで本当にたくさんの支援をして頂きました。

 

わぁ!ご、ご飯がいっぱい!!
わぁ!ご、ご飯がいっぱい!!

 

先日も今私たちの元にいる保護犬・ゆかちゃん、すべちゃんの姉妹にあたるワンちゃんが遊びにきてくれました。

子供の頃よりもっとそっくりになった姉妹は不思議と仕草や性格もそっくり。
初めはよそよそしかったものの時間がたてばはしゃいで大興奮!
沢山遊んで本当に楽しい一日となりました。

どっちがどっちだ!?
どっちがどっちだ!?

 

そしてみんなが帰りになるときに子供達一人一人から差し出された茶封筒…
きっとお小遣いをためて大事にしていたと思われる温かい思いにとても嬉しい気持ちになりました。

 

S__16867334

 

その温かい思いは姉妹達が肌身離さずつけている首輪へと変わり、この子達が万が一何かあった時に助けてくれるお守りとなりました。

 

S__16867330

 

このように本当にたくさんの思いで私たちの活動は成り立っています。里親になって下さる方々、支援やお声掛けををくださる方々、お手伝いをしてくれいているボランティアさん、私たちを近くで支え手伝い理解してくれている家族・友人、そしてかけがえのない私のwacoパートナー。

いつも本当にありがとうございます。
みなさまの思いを動物達に届けます…

※個人情報の観点からご支援者様のお名前を記載させて頂く事をご遠慮させていただきました。ご理解いただければと思います。

なぜ徳之島?

現在私たちは徳之島に保護されているワンちゃん達全てに関わっています。

このブログ内でもよく見る「徳之島」
「なんで徳之島なの??」と思っている方もおられるかもしれません…

ちべもにっこり
徳之島出身のちべもにっこり

鹿児島県には離島がたくさんあります。
県内には愛護センターがあり本土の保護動物達は適性検査に合格するとそこで新たな里親様を待つ事ができます。もちろん管理所内でも譲渡されることも多くあります。

しかし島内での迷子犬や産まれた仔犬、そして捨てられてしまった犬などどんなに条件がよくても島内で譲渡できなければそのまま殺処分となってしまいます。

そうした現状をしり、せっかく産まれた命なのにそこが離島であったというだけで処分というのはいかがなものかと徳之島の親子レスキューしました。
そうして徳之島に関わっていくと、他の離島と比べ格段に保護動物の頭数が多い事、それ以外の離島は他団体様やボランティアがいるもしくは島内譲渡がうまく出来ている事がわかっていき、それ以降特に徳之島のわんちゃん達が気になり、結果現在の形になりました。

ワンちゃん達がとても多いため私たちの保護の元全頭里親様を探す事が難しく、全国のボランティア様、里親様の協力のもと現在では徳之島全てのわんちゃんのレスキューに携わっています。

本来ならばこちらを見て頂いてる方優先にわんちゃんを紹介していきたいのですが現在頭数が多すぎる為になかなかこちらで紹介しきれずフェイスブックやペットのおうち(里親募集サイト)などでまずは募集をかけ行き先を決めてから島内引き出しを行う事がほとんどです。
もちろんこちらにしか紹介していない子もいますのでワンちゃんをお探しの方はこちらのブログと同時に「ぺっとのおうち」もみてもらったらいいかもしれません。

ペットのおうち wacoページ↓
http://www.pet-home.jp/community/user126079/

しかし、いつまでたっても全く減らない保護動物を目の当たりにして途方に暮れる事も多く、保護される動物自体を減らす活動をしていかなければならないと痛感しています。

その為にはまず私たちの活動を通して県内の保護動物の現状を多くの方に知ってもらう事を今後の課題とし啓蒙活動にも力をいれて行こうと考えています。

譲渡会などを精力的に行い、お話会や自然療法の勉強会などイベントを行ない私たちをもっと知ってもらう事も大事なプロセスだと思っています。

それに伴い搬送お手伝いさんや預かりさんなどを募集し私たちと一緒に大切な命をレスキューする仲間をブログ内で募集もさせていただきました。

今後も何かお手伝いやお願いを皆様にする事があるかもしれません。皆様と一緒に幸せわんこ&ニャンコをふやせていければと考えています。

よろしくお願いします。

waco Family(保護犬)*マホちゃん里親決定!

里親様が決定致しました。
みなさま本当にありがとうございました!!

まほちゃん♀
まほちゃん♀

 

里親様大募集です!

 

☆☆まほちゃんプロフィール☆☆

年 齢  子犬(一ヶ月半前後)

サイズ  中型犬予定

種 類  雑種

性 別  メス

健 康  特になし

費 用
健康診断     1080円
9種混合ワクチン  7560円
虫下し       540円
ノミダニ駆除剤  1080円
輸送費(空輸)  円
支援金    3000円

合計 15,840円

※費用は現在の金額です。健康状態や投薬などで今後変更する事がございます
※お届けが原則ですがその際に交通費をいただいております。

 

 

ーーーーまほちゃんからのメッセージーーーー

あたしは「まほ」だよ。
まだまだ小さな女の子。赤ちゃんと子供の間位。
とっても綺麗な毛色で元気いっぱい!おてんば娘☆
よく食べて、よく眠る、そんなまだまだ小さいあたしににでいろんな事を教えてかわいがって欲しいな☆

すべちゃんに関わるその他の投稿は左側の「カテゴリーベツ」から「まほちゃん」で見る事が出来ます。

こにゃんこ!

先日とあるワンちゃんの事で管理所へ行ってきました。
(その子の事はまた今度記事にさせていただこうとおもっています)
しばらく犬舎の前にいると「ミーミー」と何やら子猫の鳴き声が…

どうやら子猫が沢山いたようで、いつもお世話になっている優しいセンター長さんはその子達をどうにかしようとお考えのご様子。

子猫と言うのは月齢が小さい程死んでしまうリスクがとても高く、人間が育てるのも実は結構至難の技なのです…

つきっきりで数時間置きに哺乳瓶でミルクをあげて、体調変化に常に気を使っていても子猫が死んでしまうなんて事もあるので管理所などではどうしても管理しきれず即処分といったところもあるほど…

そんな子猫さん達をどうにかしようと、私たちに食事などどうしたものかとお尋ねになったのでした。

そんなこんなで預かりさんや里親さんなどを探しているとどうやら県内の管理所には今沢山の子猫ちゃんがいることが発覚…
正直ちょっと自分たちでどうこうできるか不安な程の数…

もしニャンちゃんの預かりができるわ!という方やニャンちゃんを飼いたいとお考えの方はぜひともご一報を頂けると嬉しいです。

みなさまの手で全ての生き物達に平等の幸せをわけて下さい!!

 

waco Familyが大勢やってきたーー!

昨日はブログを開設して一年記念となりました。
まだまだ目指す所は高くたくさんの課題も見えてきています。
今年はもっと啓蒙活動などに力をいれていければと考えています。



5/19☆現在マホちゃん以外の仔犬は全て里親様が決定しました。

ありがとうございました。

私たちの元へ五匹のwacoFamily(保護犬)がやってきました〜
いままでよりももうちょっと小さい月例の子供達。
半分赤ちゃんに片足つっこんでいるような位です。

随時個人プロフィールを載せますが現段階での面会や予約も可能です。ぜひご検討下さい。

左まるちゃん♂ 右まほちゃん♀
左まるちゃん♂
右まほちゃん♀

 

まほちゃん♀
まほちゃん♀

 

そらくん♂
そらくん♂

 

大豆くん♂
大豆くん♂

 

小豆くん♂
小豆くん♂

 

 

 

 

 

 

 

 

ポポちゃんの最近は〜元気なことばっかぁ!

下半身に麻痺があり歩けないぽぽちゃん。
でもとっても元気で本当にやさしいいい子さん。
私たちに来た時はこんな風に過ごしていました。

しかしここ数日ポポちゃんに変化が…

ぽぽちゃんがたったん「ですよ。」

感覚はあるものの、全く立ち上がることができなかった後脚。
少しの力ですが踏ん張り、歩こうとするようになりました!

子供がはじめて歩いた時と全く同じくらいびっくりして、
つぎの瞬間には涙がボロボロ。

一時期は、車椅子の購入も考えましたが、“歩きたい”と思います。連休明けに病院で詳しく検査していただいて、これからどうやって張り切ったらいいか相談してきます(^^)

ですのでみなさんにいただいた車いすの募金は今後ポポちゃんが歩ける様になるための医療費としてまずは使わさせて頂こうと思っています。
まだまだどうなるかわかりませんが、元気な姿を想像してぽぽちゃんと楽しく元気に無理をせず頑張っていこうと考えています。